古銭ロゴ
タイトル

古銭はむやみに磨いてはいけません

古銭は自然に付着したサビなどが付いている方が良いという方もいて、その好みは様々です。古銭をクリーニングに出すかどうかは個人の好みにより大きく変わってくるため、古銭買取を考えた際には、ありのままの現状で提出するのが良いといえます。無理にクリーニングを行いキレイに洗浄した場合、表面はキレイに見えても細かなキズが入ってしまっていたり、質感が違ったものになってしまったり、強い薬品を使わざるを得ない場合もあり、あまり大がかりな古銭のクリーニングは行わない方が良いともいえます。古銭をどうしても磨きたい場合は、粗い布や強い力を使わずに、一般的に販売されているコイン専用のクリーナーにて表面の汚れを落とし、乾燥後に磨く方法が最もリスクが低いといえます。古銭専用のクリーニングクロスも市販されていますので、そうした専用品を使用すると良いでしょう。少しこすった位では取れない汚れが付着している場合は、消しゴムを用いるとキレイになる場合があります。その際もあまり強い力でこするのは避けましょう。