古銭ロゴ
タイトル

普段の古銭の手入れにおいて

基本的に古銭についての手入れは不要です。そのため古銭の洗浄や古銭を磨くことは、滅多なことがない限りはしない方が良いといえます。古銭の磨きが厳禁な理由のひとつとして、古銭の価値や価格が下落してしまうことがあるからです。古銭は時間とともにサビが出たり黒ずんだりと状態が変化していきますが、その汚れも古銭愛好家にとっては古銭の歴史的価値に含まれるのです。そして、古銭が鋳造された当時の技術では不純物が古銭に交じってしまい、その不純物が古銭を磨く際のクリーナーや薬品などで反応を起こし、変色や変質を招いてしまう可能性もあるからです。また、表面に浮き出たサビや汚れが外気との遮断壁の役割も担っていますので、これ以上の状態の悪化を抑制している場合もあります。その場合は汚れを取ってしまうと状態の悪化が進行し、更なる悪循環に陥ってしまいます。ただし古銭の買取を念頭に置いた場合は古銭の手入れはなるべく行わない方が良いといえますが、個人の趣味での保管であれば手入れを施しても大丈夫です。