古銭ロゴ
タイトル

50円玉の古銭は驚きの価格

50円玉の中には非常に価値の高い種類が存在し、古銭のコレクションを行う方にとっては魅力的な古銭でもあります。50円玉の発行枚数もその年ごとに違いがありますので、製造された枚数が少なければ希少価値が高まりますし、多ければ流通量も増加することとなりますので、希少価値は薄まるといえます。製造枚数が少ない年は特年とも呼ばれ、価値のある50円玉となります。代表的なのは特年の35年に製造された50円玉です。穴の周りに菊がデザインされており、キズが少ない美品であれば本来の50円の価値の10倍の価値がつくこともあります。そして昭和60年に製造された50円玉も、枚数が少なく価値があります。こちらもキズの少ない美品であれば10倍以上の価値に変化することもあり得ます。古銭が好きな方にとっては未使用品やキズの少ないといったポイントが大切で、価値が向上することもあります。そして50円玉の希少価値といえば、エラーコインです。本来50円玉の穴は真ん中に開けられていますが、製造の際に真ん中よりずれて発行されたもので、稀に市場に流出することもあります。