古銭ロゴ
タイトル

お守りとしても使われる古銭

昔からの慣習で、お守りとして古く歴史的価値のあるアイテムを所持する習慣があります。これは日本だけでなく世界的にも昔から行われており、そのアイテムの中のひとつに古銭があります。古銭は昔に製造されたもので、そのうえ色々な環境や人の手に渡ったものです。そのため、精神的な観点で加護の力が働いていると捉えることもできます。ただし、ひとくちに古銭といえどもその種類は様々。どの古銭を所持しようか迷うこともあると思います。日本人であるならば、やはり日本の古銭をお守りにするのが良いといえるでしょう。いちがいに日本の古銭といっても種類は様々ですが、お守りとして人気のある古銭は、江戸時代に鋳造されたものです。寛永通宝が特に人気です。元々は中国で鋳造された古銭ですが、安土桃山時代には永楽通宝も日本で流通しており、そちらをお守りにする人もいます。これらの古銭はそれほど高価なものでなく入手しやすい部類ですので、お守りとして所持することをオススメします。